2016年9月号

破壊的イノベーション理論:発展の軌跡

正しく理論を適用し、いまに活かす

クレイトン M. クリステンセン

クレイトン M. クリステンセン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

マイケル・レイナー

マイケル・レイナー

デロイトコンサルティングLLP ディレクター

ロリー・マクドナルド

ロリー・マクドナルド

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

破壊的イノベーションの理論が初めてHBR誌に登場したのは、20年前のことである。既存製品よりも性能面は劣るものの、低価格や簡単操作、小型といった特徴を持つ新規参入の製品が新たな顧客を獲得し、既存製品を駆逐してしまうという「破壊」を論じたこの理論は、大きなムーブメントを引き起こした。しかし、この理論は大きな称賛を得たゆえに、誤った解釈や適用が散見される。本稿では、あらためて破壊の基本を解説するとともに、この20年に積み上げられた研究の成果を踏まえ、破壊理論の発展の軌跡をたどる。  

クレイトン M. クリステンセンハーバード・ビジネス・スクール 教授

マイケル・レイナーデロイトコンサルティングLLP ディレクター

ロリー・マクドナルドハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF論文:13ページ[約1,710KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない