2008年9月号

グーグル:革新し続ける組織

高成長の秘密を解剖する

バラ・アイヤー

バラ・アイヤー

バブソン・カレッジ 准教授

トーマス・H・ダベンポート

トーマス・H・ダベンポート

バブソン・カレッジ 准教授

奇跡的な成長を遂げてきたグーグルの強みは、その検索技術やITインフラによって説明されることが多いが、これら以外にも、ビジネス生態系を設計する思想、間断なく繰り返される実験、分析的な意思決定プロセス、外部や顧客を巻き込んだイノベーション開発、イノベーションと失敗を奨励する経営陣、デジタルな社員提案制度、事実とデータに基づくアイデア評価法など、学ぶべきことは山ほどあり、知識労働者の生産性向上とイノベーションの必要に迫られている企業にすれば、まさしくベスト・プラクティスの宝庫といえる。

バラ・アイヤーバブソン・カレッジ 准教授

トーマス・H・ダベンポートバブソン・カレッジ 准教授

PDF論文:16ページ[約1,692KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない