2012年9月号

戦略の弱点をあぶり出す7つの問い

それは本当に実行可能か

ロバート・サイモンズ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ロバート・サイモンズ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

経営資源には限りがある。環境が変わり、当初立てた戦略が通用するとは限らない。そもそも従業員のベクトルが一致しなければ雲散霧消する。 にもかかわらず、戦略実行に当たっては、なぜか「すべて実現できる」との思い込みにとらわれがちだ。そのままでは、早晩、詰めの甘さが露呈することになるだろう。 とはいえ、戦略の短所をあぶり出す特効薬はない。新たなデータ、暗黙の前提、難しい選択、行動プランについて、周囲を巻き込んで顔を突き合わせての議論を重ねる以外、成功への道はない。 そこで本稿では、戦略の有効性を精査する際に欠かせない、本質的な「7つの問い」を紹介する。この7つの問いに、明快かつ一貫性のある答えを出せて初めて、自信を持って戦略が軌道に乗ったと言える。

ロバート・サイモンズハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:14ページ[約2,409KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない