困難な市場環境において成長を加速させるために、成功を約束された通信サービスプロバイダーは、デジタル時代の人材を有効活用していくことでしょう。そのような業界リーダーたるCSPは、伝統的なワークフォースとデジタルなワークフォースのバランスを見直して、組織構造を調整し、パフォーマンスの最適化を図るはずです。従業員という枠に縛られずに人材を確保し、従来の業務を再構築することも忘れないでしょう。同時に、デジタル人材とデジタルツール、デジタルを駆使した働き方を社内全体に浸透させるような、組織文化とリーダーシップの迅速な確立にも努めるはずです。

 岐路に立たされた業界では、今までとはまったく異なる新しいアプローチで人材を確保し、能力を開発し、未来のワークフォースを育てられるかどうかが、成功企業と停滞企業を分けるのです。

チェックリスト:職場のデザインを基礎レベルから見直す

業務体系 ・サイロ化された領域やヒエラルキーがない
・「ニーズに基づいたリソース配分」という考え方が浸透している
・業務を「マイクロタスク」に分類し、配分している
業務のあり方 ・アナリティクスを活用したアイデアの実験と導入を推進している
・人とロボットの協働を推進している
業務の遂行者 ・グローバルに、いつでも、誰でも業務を遂行できる
・デジタル・リテラシーを生かしてスキルを開発している
・デジタル革命によって、新しいタイプの業務を創出している
業務を遂行する目的、
タイミング、場所
・カスタマイズされた就労体験により、従業員のための新たなバリュープロポジションを創出している
・今までにない物理/仮想環境の職場デザインを実践している
業務の主導/
管理体制
・リーダーが複雑性を管理する
・幹部が大量のデータを基に意思決定を下す
・リーダーが命令するのではなく、従業員の創造性を促進している
出典:アクセンチュア