2008年9月号

組織IQ論

IT投資で伸びる組織、沈む組織

平野 雅章 :早稲田ビジネススクール 教授

平野 雅章

早稲田ビジネススクール 教授

IT投資と企業業績に相関性はあるのだろうか。これまでさまざまな調査がなされてきたが、確たる証拠はなく、「制度やプロセス」「ITの利用段階」「コンテクスト」など、第三の変数を加味して考えるべきというのが一般的である。本稿では、「組織IQ」というコンセプトに基づき、その高低を踏まえたうえで、IT投資と業績の関係を検証する。その結論は、組織IQが高ければ、IT投資と業績は正の相関を示すが、組織IQが低いと、IT投資と業績は逆相関を招くというものだった。すなわち「IT投資のリターンは組織IQに従う」のだ。また言うまでもなく、IT投資によって組織IQが高まることはない。以上のことは、人材投資にも当てはまる。

平野 雅章早稲田ビジネススクール 教授

PDF論文:15ページ[約1,548KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない