2008年10月号

CEOのためのサプライチェーン講座

SCMを現場任せにしてはいないか

ルーベン・E・スローン

ルーベン・E・スローン

オフィスマックス エグゼクティブ・バイス・プレジデント

ジョン・T・メンツァー

ジョン・T・メンツァー

テネシー大学 教授

J・ポール・ディットマン

J・ポール・ディットマン

テネシー大学経営大学院オフィス・オブ・コーポレート・パートナーシップ ディレクター

SCMは、専門性が高く、技術を基盤とした複雑な活動となっている。多数の部門、ビジネスプロセスにまたがり、一企業の枠も超えていく。経験と知識が豊かな専門職が必要とされる活動であり、SCMは、運転資本の減少、在庫回転率の向上、固定費用の削減、ROA向上など、企業経営に大きなインパクトがある。さらにSCM戦略を基礎とすることで、事業計画、業績評価指標、インセンティブや手数料収入など組織のデザインは大きく変わる。

ルーベン・E・スローンオフィスマックス エグゼクティブ・バイス・プレジデント

ジョン・T・メンツァーテネシー大学 教授

J・ポール・ディットマンテネシー大学経営大学院オフィス・オブ・コーポレート・パートナーシップ ディレクター

PDF論文:13ページ[約1,486KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない