2016年8月号

同調しない組織文化のつくり方

【イノベーション】独創的アイデアが豊富に創出される企業になる

アダム・グラント :ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

アダム・グラント

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

みんなが同じような思考をしてしまう企業は、いずれ立ちゆかなくなるものだ。それを避け、イノベーションや変化を促進するためには、同調しない文化をリーダーが意識的に組織内に醸成しなければならない。これは筆者の10年近い研究の結果、さほど難しいことではないことがわかった。まずは、従業員にアイデアを出す機会とインセンティブを与え、そのアイデアを検証する適切な人材を、実力主義に基づいて、確保することだ。そしてリーダーには、組織の団結とクリエイティブな意見対立とをうまく両立させていくことが必要だ。

アダム・グラントペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

PDF論文:13ページ[約820KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない