2016年8月号

クラウドカルチャー:SNS時代のブランド戦略

【マーケティング】ブランデッドコンテンツへの投資は意味がない

ダグラス・ホルト :カルチュラル・ストラテジー・グループ 会長

ダグラス・ホルト

カルチュラル・ストラテジー・グループ 会長

ソーシャルメディアの登場で多くの企業がブランディングの新時代が来たと考え、デジタル戦略の中核を担う切り札として、ブランデッドコンテンツに投資した。しかし、これによって顧客を惹きつけられた企業はほとんどない。これに代わる戦略は何か。筆者は文化とブランドとの結びつきについて思い起こし、ソーシャルメディアの発達でネット上の群衆(デジタルクラウド)が文化のイノベーターとして機能している状況に着目する。筆者はこの現象をクラウドカルチャーと名づけ、この本質を理解し、うまく利用することが現代のブランディングの大きな力になると論じている。

ダグラス・ホルトカルチュラル・ストラテジー・グループ 会長

PDF論文:17ページ[約932KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない