2016年8月号

リーンスタートアップに戦略を融合させる

機敏で優れたイノベーションを生むために

デイビッド・コリス :ハーバード・ビジネス・スクール 非常勤教授

デイビッド・コリス

ハーバード・ビジネス・スクール 非常勤教授

シリコンバレーの起業家、エリック・リースが提唱したリーンスタートアップは、コストを極力抑えながら短いサイクルで実験を繰り返し、成功する事業へと進化させていくアプローチであり、変化に合わせてスピードが求められるベンチャーの世界に適している。そうした環境では、体系的で緻密な戦略を立案し着実に実行する従来の手法は馴染まないとされるが、実際には戦略がなければ新規事業は迷走し、無駄も多くなる。本稿では、規模を問わず、どの企業にも導入可能な「リーン戦略プロセス」を紹介し、硬直的な計画と野放図な実験という弊害を防ぎながら、戦略と起業家精神をうまく融合し活用するポイントを解説する。

デイビッド・コリスハーバード・ビジネス・スクール 非常勤教授

PDF論文:11ページ[約1,329KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない