2008年10月号

「超高齢社会」の人材管理論

労働力の高齢化による2つのリスク

ライナー・ストラック

ライナー・ストラック

ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター

ジェンス・バイエル

ジェンス・バイエル

ボストン コンサルティング グループ プリンシパル

アンドレ・ファーランダー

アンドレ・ファーランダー

ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター

日本は2007年、65歳以上の人口が総人口の21%超を占める「超高齢社会」に世界で最初に突入したが、アメリカや西欧の先進諸国も近い将来、同じ状況を迎える。この超高齢社会は、これまで人類が経験したことのないものであり、今後生じるであろう問題の解決策は、過去に学ぶことができない。本稿では、BCGが実際にコンサルティングを提供したドイツの公益会社RWEがどのような高齢化にまつわる問題に発見し、これらにどのように対処したのかを解説する。

ライナー・ストラックボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター

ジェンス・バイエルボストン コンサルティング グループ プリンシパル

アンドレ・ファーランダーボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター

PDF論文:15ページ[約1,835KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない