2016年7月号

画期的なアイデアを創出する批判の技術

【イノベーション】個人の熟考から始める4つのステップ

ロベルト・ベルガンティ :ミラノ工科大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

ロベルト・ベルガンティ

ミラノ工科大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

技術や分析法の発展により、企業は膨大なアイデアの収集が容易になったが、実際には活用できていない。アイデアの良し悪しを見極める評価基準がないのだ。筆者はこの点において成功した企業24社を研究することで、アイデアの創造と評価の有効な方法を見出した。それは通説とは異なり、批判の技術に基づくもので、4つのステップから成る。第1に個々の社員に熟考させ、第2に2人一組で批判し合い、第3に多数の社員で議論し、最後に外部の意見を求める。その過程で異なる見解を際立たせ、大胆なビジョンに統合していく。

ロベルト・ベルガンティミラノ工科大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:12ページ[約1,274KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない