マルチスピードIT実現のための4つのポイント

 今日の経営者は間違いなくCIOにこれまで以上に多くを求め、新たなチャレンジを課しています。こうした要求と責任の拡大はCIOに大きなチャンスをもたらします。以下の4つのマルチスピードIT実現のためのポイントを習得することにより、CIOは企業の将来成長の加速に向けて不可欠な存在になることができるでしょう。

■個々の事業が必要とする進化の速度を適切に理解する

 レガシーとデジタルそれぞれの事業が必要とする進化の速度に適合したIT活用を実現するためには、ITオペレーティング・モデルの根本的な再考が必要になります。

■マルチスピードな動きを促すITガバナンスのアプローチを確立する

 マルチスピードな動きを促すためには、新しいITガバナンスのアプローチが必要になります。たとえば、デジタルビジネスを支えるためには速度の適切性やアーキテクチャの柔軟性に重きを置いたパフォーマンス管理のアプローチが必要になる一方で、レガシービジネスを支えるためには従来からの品質・コスト・納期・生産性に重きを置いたアプローチが必要になります。また、個々の事業に適切なITガバナンスのアプローチを適用するために一元化されたデマンド管理の仕組みが必要になります。

■エンタープライズ・アーキテクチャの設計思想を再定義する

 エンタープライズ・アーキテクチャの層分離のルールと各層のモジュール化設計指針を、個々の事業に求められる進化の速度を考慮したうえで再定義する必要があります。たとえば、進化の速いデジタルビジネスを支えるためには市場競争力の高い自社業務機能をAPIとして外部に公開し、新たなデジタルチャネルや外部エコシステムとの容易な接続を可能にすべきです。加えてレガシーシステムを簡素化し、実行面での俊敏性と効率性を高める必要があります。

■IT組織のスキルポートフォリオを刷新する

 将来想定される自社の事業ポジショニングやビジネスモデルの変化のシナリオを把握し、各シナリオにて求められるスキル要件を先行的に見極める必要があります。一方でIterfallやアジャイル、DevOps、API型開発、継続的デリバリーに代表される主要な開発手法については、IT組織の必須スキル要件として早急に人材の確保・育成を行うべきです。

CIOが目指すべきは万能な操縦士になることではなく、有能な管制官になること

 複合競争時代におけるCIOの役割は、自らが速度の異なるすべての移動手段の操縦士になることではなく、すべての移動手段を適切な速度で衝突することなく目的地に到達させることができる有能な管制官になることです。

 目指す目的地と到達時間の異なる複数の企業目標に対してどの移動手段が適切かを判断し、それぞれの手段に適切な道筋を示すのか。そして企業をすべての目的地まで安全かつ快適な速度で衝突事故を起こすことなく移動させるのか。これこそがデジタル時代のCIOが解くべき新たなチャレンジなのです。マルチスピードITを備えた企業では、信頼できる管制官(CIO)の指揮の下、有能なパイロット陣(IT部門とパートナー企業の人材)が企業を目指す目的地まで確実に運ぶことができるでしょう。すなわちマルチスピードITの実現により、CIOは企業が複合競争時代を勝ち抜くために欠かせない存在になることができるのです。