マルチスピードIT実現に向けてオペレーティング・モデルを再考する

 マルチスピード型IT組織への転換に向けて先見性の高いCIOは、自社の将来の事業ポジショニングやビジネスモデルの広がり・シフトに対応しうるモジュール性の高いエンタープライズ・アーキテクチャの構築や、IT業務のセルフサービス化、クラウドファースト指向のIT調達戦略の適用、多様なITガバナンスアプローチの採用など、これまでのITオペレーティング・モデルを根源から再考する取り組みを進めています。なかには一般的なITベストプラクティスに拘泥せずIT領域外のマネジメント思想・手法を採り入れ、新しいファーストプラクティスの確立を目指す野心的なCIOも現れています。

 複合競争時代の到来とともに、IT部門の役割も長い時間をかけて決められた機能・性能・品質要件をつくり切る工程管理や開発委託先管理から、外部パートナーとの協働を前提とした新たなデジタルビジネスの構築とその顧客提供価値の継続的進化に重点が移りつつあります。変化への先見性の高いCIOは新たなデジタルチャネルや外部パートナーとの容易な接続を可能にするAPI基盤や、補完性の高い外部データを柔軟に組み合わせられる顧客中心のデータ構造など、自社の将来の事業ポジショニングやビジネスモデルの広がり・シフトに対応しうるモジュール性の高いエンタープライズ・アーキテクチャを構築しています。さらに一歩先を行くCIOは、この機を逃さず複雑なレガシーシステムの簡素化や切り離しにも取り組んでいます。

 こうした取り組みはモジュール性の高いアーキテクチャ構築だけでなく、レガシーシステムの保守・運用に束縛されてきた高スキル人材の負荷削減や、先端テクノロジー導入の原資となるTCO削減効果の創出といったマルチスピードITの実現を加速させる補完要素の獲得も可能にします。

 IT業務そのものの遂行に使われるテクノロジー群は、CIOとIT部門が意思決定の全権を委ねられている聖域ですが、デジタルビジネスへの期待と要求の拡大は、こうしたIT部門の聖域に対する考え方にも変化をもたらし始めています。近年台頭しつつある新たなトレンドの一つに、「テクノロジー活用の民主化」の考えに基づくIT業務のセルフサービス化があります。Accenture Technology Vision 2015では、アプリケーション開発や分析用データの抽出・準備といったこれまでIT部門のスペシャリストしか遂行するノウハウと権限を持つことができなかったテクノロジーツールや環境を、ごく一般的なユーザーに与えることによって生まれる機会と影響について考察しています5。しかしIT業務のセルフサービス化が総体的なIT部門の負荷削減につながるのか、それとも管理対象の増加に伴うさらなる負荷増大をもたらすのかについては、現時点ではまだ結論は出ていません。

 IT業務のセルフサービス化により性質上IT業務に分類されるアクティビティに携わる社内ユーザーを増やすことができるのと同様に、IT業務基盤のクラウド化はIT部門の境界線を社外にまで拡大し、デジタルビジネス推進の要となるケイパビリティを備えた外部人材やパートナー企業の取り込みを容易にします。アクセンチュアの調査によると、高いITパフォーマンスを達成している企業はそうではない企業に比べて3倍高い割合でクラウドソーシングを含むIT調達戦略を持ち、そのなかでビジネス上の優先事項と協働先となる主要エコシステムパートナーを結びつけています6。エコシステムパートナー管理やDevOpsのような希少性の高いケイパビリティの確保にも、クラウドファースト指向が求められているのです。

 レガシービジネスからデジタルビジネスにまで及ぶ幅広い事業の将来ニーズに適切な速度で対応するためには、一元化されたデマンド管理機能や個々の事業の特性に合致した複数のパフォーマンス管理の仕組みなど、新しいITガバナンスのアプローチが必要になります。アクセンチュア・ストラテジーの調査によると、経営者の62%は個々の事業にカスタマイズされたITガバナンスのアプローチを採用しているのに対し、36%は直近最優先で対応すべき事業のニーズに合わせて適宜ITガバナンスのアプローチを微調整していることが明らかになりました7。残りの2%は事業特性の違いにかかわらずいまだ旧態依然のアプローチを踏襲しています。

62%

 経営者の62%は個々の事業にカスタマイズされたITガバナンスのアプローチを採用しているのに対し、36%は直近最優先で対応すべき事業のニーズに合わせて適宜ITガバナンスのアプローチを微調整しています7

出典

5 Accenture Technology Vision: Digital Business Era: Stretch Your Boundaries, 2015.

6 High IT Performers: Defined by digital and driving growth, 2013.

7 Accenture Strategy research on the intersection of business and technology, 2015.