多様化する企業のニーズに応える

 今日の複合競争時代において、企業は持続的競争優位の確立に向けてこれまで以上に多面的な目標を達成しなければなりません。既存のコア事業における新商品・サービスの市場投入スピードの短縮や外部人材・性能キャパシティを活用した業務効率性の追求、外部接続先とピークトラフィックの増加に伴い高まる安定性リスクの低減、タイムリーな法規制・内外部監査規定への順守といった従来からの目標は、事業・経営基盤の強化により当然のごとく達成させなければなりません。

 加えて、パートナー企業にまたがるカスタマージャーニーの顧客体験向上や、AIやブロックチェーンなどの技術革新がもたらす新たなビジネスイノベーションの創出といった新たな目標も追い求めなければなりません。これらの目標達成には、長年の効率化経営により弱体化した社内の起業家精神の再活性化やイノベーション創出能力の再構築、先延ばしされてきたレガシー事業基盤(レガシーオペレーションとシステム)の刷新もしくは切り離しが必要になります。こうした多様化する企業のニーズに応えるために、CIOは限りある時間や人材、投資予算をどのように配分するべきでしょうか。

 アクセンチュアの調査によると、高いパフォーマンスを達成しているIT部門を率いるCIO(ハイパフォーマンスCIO)はそうではないCIOとは異なる取り組みに注力していることが明らかになりました。多くのIT部門では、デジタル化は既存の経営・事業基盤強化の手段という認識が強いためか、既存チャネルにおける顧客セルフサービスの向上や、業務プロセスのさらなる自動化・省力化、データ分析を活用した課題の見える化と意思決定の迅速化といった既存コア事業の漸進的改善へのIT貢献度向上に焦点を置きがちです。一方で、ハイパフォーマンスCIOが指揮するIT部門は、新たな顧客の行動追跡とデータ獲得手段の構築や適切なステークホルダーへの適切なタイミングでの適切な顧客インサイトの提供、革新的なユーザーインターフェースやパーソナライズされた顧客体験の高速かつ反復的な市場トライアルを支える継続的デリバリープラットフォームの構築といった、不確実性の高い市場でのテクノロジーをてこにした事業競争力向上に注力しています1

 ハイパフォーマンスCIOがこのような取り組みに注力することになったのは、単に成長志向の強い経営者の要望に対応した結果でしょうか。それともCIO自身の着眼点や優先付けの判断基準に起因するところが大きいのでしょうか。正確な因果関係はわかっていませんが、一つ明らかなことは、ハイパフォーマンスCIOは「不確実性の高さ・成熟度の異なる個々の事業が必要とする進化の速度は異なること」、そして「IT組織が個々の事業を支えるためにはそれぞれの進化の速度を咀嚼し適切なタイミングで適切な速度へとギアチェンジできる能力、すなわちマルチスピードで動く能力が必要となること」を理解しているということです。

 経営者も自社のIT部門がマルチスピードで動く能力を持つことは、デジタル時代の複合競争を勝ち抜くためには不可欠だと認識しています。一方で、マルチスピード化とは具体的に何なのか、一部のCIOが間違った解釈のもと目指しがちなマルチタスク化と何が違うのかについて正しい理解を持たない経営者が多いのも事実です。アクセンチュア・ストラテジーの調査によると、71%の経営者が自社のIT部門については、個々の事業が必要とする進化の速度に応じて適切なタイミングで速度変換できる、すなわちマルチスピードで動く能力をすでに持つ組織であると(CIOからの報告に基づき)認識している2一方で業界一般的な状況については、81%の経営者が大多数の企業のIT部門は、こうしたマルチスピードで動く能力をいまだ持ち合わせていないとの見識を持っています3

71%

 71%の経営者が自社のIT部門については、個々の事業が必要とする進化の速度に応じて適切なタイミングで速度変換できるすなわちマルチスピードで動く能力をすでに持つ組織であると(CIOからの報告をもとに)認識しています2

 一方で業界一般的な状況については

81%

 81%の経営者が大多数の企業のIT部門はマルチスピードで動く能力をいまだ持ち合わせていないとの見識を持っています3

出典

1 High IT Performers: Defined by digital and driving growth, 2013. Insights from Accenture’s fourth High Performance IT Research.

2 In 2015, Accenture Strategy surveyed more than 900 executives around the world on a variety of topics related to multi-speed business and IT, business resilience, technology led innovation and the digital agenda.

3 Accenture Strategy research on the intersection of business and technology, 2015.