2016.05.25

世界で勝負できる洋菓子は2つの発想法から生まれる

——パティシエ・辻口博啓

辻口博啓 :パティシエ

辻口博啓

パティシエ

画像

1967年、石川県で和菓子屋の長男に生まれる。 18才の頃より都内のフランス菓子店及びフランスで修行を重ねる。クープ・ド・モンドをはじめ世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つ。サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会においては、 2013年~2015年の3年連続で最高評価を獲得。さらに2015年、国際的なチョコレートの大会「インターナショナルチョコレートアワード世界大会」のチョコレートバー部門で、金賞を受賞。モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる12ブランドを展開。2014年には初の海外店舗「モンサンクレール ソウル」をオープン。素材にこだわり、スイーツで地域振興を行うほか、砂糖不使用のチョコレートなど健康に配慮したスイーツを開発する。各店舗の製造・運営の他、「日本スイーツ協会」の代表理事を務め、スイーツを日本の文化にすべく、「スイーツコンシェルジュ検定」を実施する。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2019年12月号『信頼される経営』発売!
定期購読のご案内
EIシリーズ最新刊『レジリエンス』好評発売中!
SHIFT:イノベーションの作法
DOL有料会員導線
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2019年12月号

特集:信頼される経営

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない