2008年10月号

ワーク・ライフ・バランスの実践法

仕事も私生活も犠牲にしない

スチュワート・D・フリードマン :ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

スチュワート・D・フリードマン

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

仕事のせいで私生活が犠牲にされていると感じる人が少なくない。しかし、仕事と私生活を分けて考えるのではなく、どちらも両立させ、しかもこれまで以上にうまくやれる自分に変身したほうがずっといい。そして、これはけっして簡単ではないが、それほど難しくもない。アル・ゴアやジャック・ウェルチのアドバイザーを務めた筆者が、これまで何百人ものビジネス・リーダーたちに提供してきた「トータル・リーダーシップ」プログラムを実践すれば、「四正面の勝利」、すなわち「仕事」「家庭」「地域社会」「自分自身」という人生の重要な四領域すべてにおいて成功することができる。

スチュワート・D・フリードマンペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF論文:12ページ[約1,296KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない