2016年6月号

生物学に学ぶ企業生存の6原則

【組織のマネジメント】企業短命化の時代

マーティン・リーブス

マーティン・リーブス

ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー

サイモン・レヴィン

サイモン・レヴィン

プリンストン大学 教授

上田 大地

上田 大地

ボストン コンサルティング グループ アソシエイト

事業環境はかつてないほど多様化し、ダイナミックな変化を続けている。こうした変化に多くの企業はうまく対応できているのだろうか。こうした疑問から3万社超の米国企業を調査したところ、企業の短命化が進んでいることが判明した。上場企業が今後5年以内に上場廃止になる確率は3社に1社であるという。本稿の筆者たちは、企業が長く存続するための知見を「複雑適応系」に求めた。「局地的な相互作用」「創発」「フィードバック」のサイクルを繰り返して進化を続ける複雑適応系の原則は、自然界においてもビジネス界においても生命力を強化するものである。

マーティン・リーブスボストン コンサルティング グループ シニアパートナー

サイモン・レヴィンプリンストン大学 教授

上田 大地ボストン コンサルティング グループ アソシエイト

PDF論文:14ページ[約1,938KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない