2016年6月号

単純な脳、複雑なデータ

データを扱うボトルネックは何か

池谷 裕二 :東京大学 教授

池谷 裕二

東京大学 教授

脳は情報を媒介するための装置であり、人にインプットされた情報はすべて、脳を通って変換され、行動という形でアウトプットされる。そのため、行動データには多くの有益な情報が詰まっており、人を理解するのに有効なツールである。本稿では行動データに基づくデジタルマーケティングの可能性とその限界について論じる。

池谷 裕二東京大学 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない