2016年6月号

「買いたい気持ち」を科学する

10億超のビッグデータの分析で解明

スコット・マギッズ

スコット・マギッズ

モティスタ 共同創業者兼CEO

アラン・ゾーファス

アラン・ゾーファス

モティスタ 共同創業者兼最高インテリジェンス責任者

ダニエル・リーモン

ダニエル・リーモン

CEB 会長兼CEO

顧客が将来どれだけの価値を企業にもたらすかを測る新たな指標がある。購買を動機づける感情、「感情誘因」である。ブランド認知度や顧客満足度よりも価値創造に直結していて、収益力の重要な源泉となる。数十分野の何百ものブランドを対象に行った筆者の調査によれば、それは測定して、戦略的に顧客に働きかけることができる。したがって企業は、顧客との感情的つながりを、科学や戦略として追求すべきなのである。まずは自社顧客の感情誘因を探り、それに働きかける実験を行い、そのうえで施策を拡大していくことだ。このプロセスを計画的に進めると収益は改善するだろう。

スコット・マギッズモティスタ 共同創業者兼CEO

アラン・ゾーファスモティスタ 共同創業者兼最高インテリジェンス責任者

ダニエル・リーモンCEB 会長兼CEO

PDF論文:14ページ[約2,395KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない