マーケティングへの
テクノロジー活用の視点

 今後は、人工知能やIoTをいかにマーケティングに生かすのかといった視点も求められている。1つは、機械でできることと人でしかできないことの見極めだろう。

 人間では到底できない膨大な可能性としてのパターンの抽出と答え合わせをし、機械による重み付けの調整・自己学習により、正解に近い「予測」を可能とする。複雑化するマーケティング領域において、膨大な量のデータの分析を機械に任せられることは非常に有効な手法であり、先進企業では取り組みが進んでいる。その一つである「最適化」は、制約条件がある中で複数の選択肢の組み合わせから、その成果を最大化/最小化する手法である。

 例えば、予算・コールセンターの席数・コンタクト頻度などの制約の中で、成果であるROIを最大にする組み合わせとして“誰に×いつ×どのチャネルから×何を×どのぐらい”キャンペーンオファーすべきかという全体最適解としての組み合わせを導き出すことが可能となる。

 また、IoTの活用やデジタルとリアルの融合という視点から、先進的な小売企業ではその取り組みも始まっている。昨今、ネット通販企業では自社Webサイトのログ情報を活用して、サイトデザインやコンテンツのA/Bテスト、推奨商品のオファーなどの売り場の最適化が行われてきている。

 その一方、実店舗では誰が、いつ、どの売り場に、どれだけ滞在し、何を手に取り、何を購入したのか/しなかったのか、の把握はできなかった。先進的な小売企業では、売り場にビーコンやWiFi経由で通信するセンサーを設置することで、顧客の売り場での回遊状況を把握し、人員配置の最適化や店舗レイアウト、売り場設計、棚割りにも活用する取り組みも始まっている。

 自社の全顧客接点情報をフル活用するという視点では、店舗にいる顧客にはスマホアプリから、以前にWebサイトでカートインしたが未購入の商品をオファーしたり、過去の全購買情報からその顧客ライフスタイルニーズに合致した商品オファーも可能となる。また、自社通販サイトでも逆に、店舗で回遊した情報を活用したオファーも可能となる。

資料ダウンロードはこちらから

デジタル・マーケティング:アジャイル・マーケティングへの移行

<内容>
・顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ
・高まるマーケティング・プラットフォームの役割
・「変化」への対応という新たな常識
・進化するマーケティングの手法
・アジャイル・マーケティングがもたらす新たな手法
・アジャイルな独自のデジタル戦略を確立する
・鍵を握るのは「コンテンツ」
・デジタルがもたらす未来

 

<<ダウンロードはこちらから>>


ログインで一部項目の登録が省略できます。情報の修正や追加をおこなった場合は登録内容が更新できます