2008年11月号

マーケティング・マインドの追究

【再掲】顧客を忘れたマーケターへの警鐘

フィリップ・コトラー :ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

フィリップ・コトラー

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

マーケティングを唱える者がマーケティングの何たるかを知らないことは多い。しかもマーケティングはビジネスそのものであるがゆえに俗説や無手勝流の解釈が横行しやすい。そもそも顧客という「人間」を対象とした分野であり、その登場以来、不定形に進化し、いまなお続いている。マーケティングとは何か、その本質を見失いつつある現在、マーケティングを体系的に研究し、理論化を試みてきたコトラーにその再発見のカギを求める。

フィリップ・コトラーノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:13ページ[約1,283KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない