2008年11月号

マーケティングの針路

【再掲】ビジネス・リーダーの近視眼を正す

セオドア・レビット :元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

セオドア・レビット

元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

二〇〇六年六月に他界したセオドア・レビットは、一九六〇年代という時期に「製造業のサービス事業化」「サービスの標準化」「顧客リレーションシップ」「アフター・マーケット」「無形資産の価値」の重要性を説いた。彼が「マーケティング界のドラッカー」とも呼ばれるゆえんは、このような慧眼にあるのかもしれない。本インタビューのなかで、彼は「マーケティングは飛躍しない」と喝破し、変わることよりも変わらないことのほうがよほど多く、「マーケティングの本質とは、顧客への『誓約』である」と説く。

セオドア・レビット元 ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:12ページ[約921KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない