2016年5月号

なぜ「学習する組織」に変われないのか

【組織】4つのバイアスが人の行動を型にはめる

フランチェスカ・ジーノ

フランチェスカ・ジーノ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ブラッドレイ・スターツ

ブラッドレイ・スターツ

ノースカロライナ大学 キーナン・フラグラー・ビジネス・スクール 准教授

「学習する組織」は、多くのマネジャーにとって理想の企業像である。しかし、その実現が容易でないことも衆目の一致するところだ。何が問題なのか。長年にわたる多くの業界での研究の結果、人間の持つバイアスに原因を見つけた。マネジャーも従業員も過剰に、「成功」「行動」「適応」「専門家への依存」を求めようとする傾向が、「学習」への障害になっているのだ。本稿では、人間の本性に根差したこれらの傾向がどのように行動に表れるかを考察し、その制御の方策を提示する。

フランチェスカ・ジーノハーバード・ビジネス・スクール 教授

ブラッドレイ・スターツノースカロライナ大学 キーナン・フラグラー・ビジネス・スクール 准教授

PDF論文:13ページ[約2,779KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない