2016年5月号

取締役会を改革する4つの施策

【コーポレートガバナンス】価値創造に貢献するために

ドミニク・バートン

ドミニク・バートン

マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバルマネージングディレクター

マーク・ワイズマン

マーク・ワイズマン

カナダ年金制度投資委員会 会長兼CEO

不正会計やデータ改ざんなど企業の不祥事が世間を騒がすたびに、コーポレートガバナンスのあり方が問われる。短期的な業績達成へのプレッシャーにさらされ、長期的な価値創造に取り組めずにいる上場企業も多い。マッキンゼー・アンド・カンパニーが2013年に実施した調査からも、自社の戦略や価値創造、業界動向を十分に理解できていない取締役たちの実態が浮かび上がってきた。その解決には、本来の使命と義務を果たしていない取締役会を改革することが不可欠だと、筆者たちは説く。本稿では、その改革において特にカギとなる4点、すなわち、適切な人選、時間のかけ方、長期投資家との対話、役員報酬について論じる。

ドミニク・バートンマッキンゼー・アンド・カンパニー グローバルマネージングディレクター

マーク・ワイズマンカナダ年金制度投資委員会 会長兼CEO

PDF論文:9ページ[約715KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない