2016年5月号

【インタビュー】正論こそ最強の武器である

非政府機関・非営利機関の交渉術

土井 香苗 :ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW) 日本代表

土井 香苗

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW) 日本代表

交渉合意の代償として相手に経済的利得などを供与することはできないNGO(非政府機関)。しかも対峙する相手の多くが巨大な権力者である人権NGOの交渉はハードだ。一方、活動の資金源となる寄付集めも、その見返りは提供者の良心的満足感などと、一般的な交渉に比べてハードルが高い。制約条件が多い交渉で、いかに相手を説得して、目的を達成するか。世界で40年近く人権擁護活動を続けるヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の日本代表に聞いた。

土井 香苗ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW) 日本代表

PDF論文:10ページ[約1,275KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない