2008年11月号

マーケティング・ミックスとは何か

【新訳】ミスマッチを解消し、相乗効果を実現する

ベンソン・P・シャピロ :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ベンソン・P・シャピロ

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

マーケティング・ミックスは文字どおり、さまざまなマーケティング手法や施策を組み合わせて、売上げや販売量、市場シェアの拡大を目指すものであり、まさしくマーケティング理論の中心をなす概念である。ただし、頭で理解できていても、効果的に使えるとは限らない。本稿では、マーケティング・ミックスを構成する各要素の相互関係に注目し、「不整合の解消」「要素間の調和」「相乗効果の実現」の三段階を明らかにする。また、当該市場や競合他社、自社の強みや企業文化との関係を反映した、効果的なマーケティング・ミックスのヒントを提示する。

ベンソン・P・シャピロハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:11ページ[約1,804KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない