2008年11月号

PIMS:ROIは市場シェアに従う

【新訳】事業の収益性を左右するものは何か

ロバート・D・バゼル

ロバート・D・バゼル

元 ハーバード・ビジネススクール 教授

ブラドレイ・T・ゲイル

ブラドレイ・T・ゲイル

カスタマー・バリュー 創設者兼社長

ラルフ・G・M・スルタン

ラルフ・G・M・スルタン

元 ロイヤル・バンク・オブ・カナダ チーフ・エコノミスト

市場シェアと収益性の関係を調べるPIMSプロジェクトは、一九六〇年代、ゼネラル・エレクトリックで始まり、七〇年代、ハーバード・ビジネススクールとマーケティング・サイエンス・インスティテュートに引き継がれた。さまざまな業界のSBU(戦略事業単位)六〇〇を調査した結果、市場シェアとROIの間の正の相関性が確認された。またそこには、規模の経済、市場支配力、垂直統合度、品質や価格など、さまざまな要素が関係していることが具体的に突き止められた。

ロバート・D・バゼル元 ハーバード・ビジネススクール 教授

ブラドレイ・T・ゲイルカスタマー・バリュー 創設者兼社長

ラルフ・G・M・スルタン元 ロイヤル・バンク・オブ・カナダ チーフ・エコノミスト

PDF論文:16ページ[約2,168KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない