2016年4月号

【インタビュー】はたして、論理は発想の敵なのか

新しいものを生み出すプロセス

野矢 茂樹 :東京大学大学院 教授

野矢 茂樹

東京大学大学院 教授

「論理的思考」という言葉に代表されるように、論理は思考に関わる力だと思われている。しかし、論理トレーニングの火付け役である野矢茂樹氏は、両者はまったく別のものであり、思考が「新しいものを生み出す力」を指すとすれば、論理はそれとは正反対の場所にあると説く。私たちが新しいものを生み出し、それを広げるには、2つの力の関係性をどのようにとらえ、どう活かしていくべきか聞いた。

野矢 茂樹東京大学大学院 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない