2016年4月号

サムスン:デザイン思考から何を得たのか

イノベーションを生む組織文化をつくる

ヨー・ヨンジン

ヨー・ヨンジン

テンプル大学 フォックススクール・オブ・ビジネス 教授

キム・ギュンムク

キム・ギュンムク

サムスン電子 コーポレートデザインセンター 首席デザイナー

韓国のサムスン電子は20年前までは、他社のために独創性のない安価な電子機器をつくるメーカーにすぎなかった。しかし、デザインの力をもとにイノベーションを生み出す組織を目指して改革を進めたことで、テレビやスマートフォンでヒット製品を生み出している。本稿ではサムスンがいかにして、デザイン重視の組織文化へ生まれ変わったのかについて論じていく。

ヨー・ヨンジンテンプル大学 フォックススクール・オブ・ビジネス 教授

キム・ギュンムクサムスン電子 コーポレートデザインセンター 首席デザイナー

PDF論文:10ページ[約1,256KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない