2008年11月号

マーケティングはコストではなく「投資」である

【新訳】レバレッジ思考でマーケティングROIを最大化する

エイドリアン・J・スライウォツキー

エイドリアン・J・スライウォツキー

オリバー・ワイマン ディレクター

ベンソン・P・シャピロ

ベンソン・P・シャピロ

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

多くの人が、マーケティングを「コスト」と認識している。実際、売上予測によって予算が決められ、短期的に管理されている。しかし設備投資と同じく、長期的な収益性に向けた「投資」なのだ。一般的な顧客を一夜にして、ロイヤル・カスタマーに育て上げることはできない。筆者らはそこで、「戦略的マーケティング投資」を推奨する。顧客の取捨選択方法、行動と結果の時間差を考慮し、限られたマーケティング資源にレバレッジを効かせ、マーケティングROIの最大化によって、既存の市場リーダーも逆転できる。

エイドリアン・J・スライウォツキーオリバー・ワイマン ディレクター

ベンソン・P・シャピロハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:17ページ[約1,524KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない