2008年11月号

市場セグメンテーションの本質

デモグラフィックスを金科玉条にしてはならない

ダニエル・ヤンケロビッチ :DYG 会長 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員教授

ダニエル・ヤンケロビッチ

DYG 会長 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員教授

セグメンテーションの概念は、一九五六年、ウェンデル・R・スミスが『ジャーナル・オブ・マーケティング』誌で提唱したのが始まりといわれる。そして六四年、市場調査の専門家であるダニエル・ヤンケロビッチは、セグメンテーションがデモグラフィック分析に矮小化されていることを指摘し、より効果的に活用する方法を説いた。彼は、消費者の購買態度や購買動機、価値観、利用パターン、嗜好性、変化への感度などの切り口から市場をとらえることで、マーケティングの真の目的が達成されると主張する。

ダニエル・ヤンケロビッチDYG 会長 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員教授

PDF論文:14ページ[約1,873KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない