2008年12月号

ロング・テールの嘘

オンライン・チャネルが「一人勝ち」を加速させる

アニタ・エルバース :ハーバード・ビジネススクール 准教授

アニタ・エルバース

ハーバード・ビジネススクール 准教授

二〇〇六年、『ワイアード』誌の編集長クリス・アンダーソンが、『ロングテール』という書籍を著し、これは世界的に注目されることになった。アンダーソンによると、膨大な品ぞろえから、各自の好みに近い商品を探し出し、購入できる現代にあっては、嗜好はますます細分化し、没個性的なヒット商品は生まれにくい。したがって、オンライン・チャネルでは、大ヒット商品よりも従来の流通システムに乗らないようなニッチ商品のほうが儲かる──。ところが、現実のデータによる調査が明らかにした事実は、やはりヒット商品が売上げの大半を支えており、ロング・テールは儲からないというものだった。本稿では、アンダーソンのロング・テール理論の嘘を喝破する。

アニタ・エルバースハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF論文:14ページ[約1,421KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない