2008年12月号

ジョブ・マッピングでイノベーションを見出す

顧客のジョブをプロセス化して要素還元する

ランス・A・ベッテンコート

ランス・A・ベッテンコート

ストラテジン シニア・コンサルタント

アンソニー・W・アルウィック

アンソニー・W・アルウィック

ストラテジン CEO

顧客の問題解決プロセスを深く理解すれば、イノベーション・チャンスを見出せるといわれる。しかし、顧客の声に耳を傾けるだけでは、本当に役に立つイノベーションを生み出すことはできない。「顧客はどのようにジョブを処理しているのか」という観点に立ち、ジョブの開始から完了までのプロセスを八つのステップに分解する「ジョブ・マッピング」という手法を実践することで、イノベーション・チャンスが浮かび上がってくる。このように顧客のジョブをイノベーション活動の中心に据えることで、だれにも開拓されていない未知の市場、すなわち「ブルー・オーシャン」を見出すこともけっして不可能ではない。

ランス・A・ベッテンコートストラテジン シニア・コンサルタント

アンソニー・W・アルウィックストラテジン CEO

PDF論文:10ページ[約851KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない