2016年3月号

デジタル情報に潰されない2つの方法

【セルフマネジメント】機器から離れるか、徹底的に使いこなすか

ラリー・ローゼン

ラリー・ローゼン

カリフォルニア州立大学 ドミンゲスヒルズ校 教授

アレクサンドラ・サミュエル

アレクサンドラ・サミュエル

科学技術者

デスクトップやノートPC、タブレット、スマートフォン……周囲にあふれるデジタル機器からのさまざまな情報が昼夜を問わず押し寄せ、我々の集中力は途切れがちである。ある調査によれば、米国の知的労働者は、膨大な情報の流れに対処するため、自分の時間の25%を無駄遣いしており、米国経済には年間9970億ドルのツケが回っているという。こうしたデジタル情報過多による注意散漫という現象から逃れる手立てはあるのか。心理学者と科学技術者、2人にアドバイスを求めたが、まったく異なる解決策を得た。我々はデジタル機器から離れる時間を持つべきなのか、それとも逆に戦略的に活用すべきなのか。

ラリー・ローゼンカリフォルニア州立大学 ドミンゲスヒルズ校 教授

アレクサンドラ・サミュエル科学技術者

PDF論文:8ページ[約423KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない