2016年3月号

意思決定の仕組み:フォン・ノイマンからカーネマンまで

【意思決定理論】人はなぜ間違いを犯すのか

ジャスティン・フォックス :コラムニスト

ジャスティン・フォックス

コラムニスト

第2次世界大戦中、重要な役割を果たした統計学や確率論は、戦後さまざまな分野への応用が進んだ。その一つが合理的な意思決定モデルである決定分析であった。しかし、人間の不合理性に着目した「ヒューリスティックとバイアス」という考え方が現れる。意思決定科学の歴史は長いが、本稿では、これらの学説に焦点を当ててその流れを解説するとともに、経営判断にとって有効な意思決定の手段について考える。

ジャスティン・フォックスコラムニスト

PDF論文:13ページ[約746KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない