2016年3月号

企業が正しく謝罪する方法

【リスク管理】不祥事への備えはあるか

モーリス E. シュバイツァー

モーリス E. シュバイツァー

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

アリソン・ウッド・ブルックス

アリソン・ウッド・ブルックス

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

アダム D. ガリンスキー

アダム D. ガリンスキー

コロンビア大学ビジネススクール 教授

どのような企業も、謝罪を要するような過ちを犯すことがある。しかし、その仕方については、千差万別である。組織やそのリーダーは効果的な謝罪ができず、ステークホルダーとの関係や会社の評判をひどく損ねてしまうことが多い。本稿では、謝罪の必要があるかどうかを判断するための4つの質問と、その必要がある時はどうやってメッセージを発信すべきかを見極めるためのガイドラインを示す。

モーリス E. シュバイツァーペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

アリソン・ウッド・ブルックスハーバード・ビジネス・スクール 助教授

アダム D. ガリンスキーコロンビア大学ビジネススクール 教授

PDF論文:13ページ[約1,689KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない