2009年1月号

オイル・マネーの新戦略

世界の勢力図を塗り替える

ラウィ・アブデラル

ラウィ・アブデラル

ハーバード・ビジネススクール 教授

アイェシャ・カーン

アイェシャ・カーン

ハーバード・ビジネススクール 博士課程

タルン・カナ

タルン・カナ

ハーバード・ビジネススクール 教授

サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタールなど、ペルシャ湾岸協力会議(GCC)に加盟する産油国は、その強大なオイル・マネーを背景に、グローバル資本主義の勢力図を大きく塗り替えようとしている。これまでは欧米金融機関に運用を任せるだけの存在だったが、いまは積極投資に転じ、先進国や新興諸国に巨額の投資を進めている。たとえばGEプラスチックスの買収、シティグループやHSBC、ダイムラー・クライスラーへの出資、そのほか中東やアフリカへの投資など、グローバル・プレーヤーとして、その存在感は年々高まっている。GCC諸国の動向は今後、国際経済の枠組みをどのように変容させ、主要先進国のみならず新興市場に、どのような影響を及ぼすのか。

ラウィ・アブデラルハーバード・ビジネススクール 教授

アイェシャ・カーンハーバード・ビジネススクール 博士課程

タルン・カナハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:15ページ[約3,257KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない