2009年1月号

事業売却の原則

企業価値を戦略的に創造する

マイケル・C・マンキンズ

マイケル・C・マンキンズ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

デイビッド・ハーディング

デイビッド・ハーディング

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ロルフ=マグナス・ベディゲン

ロルフ=マグナス・ベディゲン

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

不況になると、多くの企業の経営陣は事業売却を検討する。しかし、経済が低迷して価値が下落してから、あわてて買い手を探しているようでは、上手な売却ができるはずはない。それどころか、売り渋る一方で、当の事業への投資を怠れば、事業が持っていた価値を完全に失いかねない。常日頃から自社の戦略との適合性に鑑み、売却対象事業を絞り込んでおけば、売却を有利に進められ、結果として、株主価値を大きく向上させる手段になる。テキストロン、ジレット、ロシュ、ベル・カナダなどの事例を通じて、事業売却において検討すべき四つのルールを解説する。

マイケル・C・マンキンズベイン・アンド・カンパニー パートナー

デイビッド・ハーディングベイン・アンド・カンパニー パートナー

ロルフ=マグナス・ベディゲンベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:12ページ[約1,686KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない