2009年2月号

経営者の使命

【再掲】未来を読む

ピーター・F・ドラッカー :元 クレアモント大学院大学 教授

ピーター・F・ドラッカー

元 クレアモント大学院大学 教授

本稿は、一九五〇年にドラッカーが初めてHBR誌に寄稿した論文である。当時、アメリカでは労働組合が台頭し、アメリカ産業史における混沌期の最中であった。それゆえ、本稿にも労使関係という文脈が流れているが、その後の著作によって我々が知る「ドラッカー経営思想」の一端をまさしく垣間見ることができる。経営者を経営者たらしめるものは何なのか。それはまず、経営者がその役割と責任を果たし、リーダーシップを発揮することである。そして、マネジメントという職能について、社会が正しく理解することであると指摘する。

ピーター・F・ドラッカー元 クレアモント大学院大学 教授

PDF論文:12ページ[約2,513KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない