サービス化と自動化の融合が
パラダイムシフトを起こす

――もう1つの「付加価値創造」については、先ほど言われたサービス化と自動化がカギになるのでしょうか。

 そうです。大きなパラダイムシフトがサービス化と自動化の2つの方向で起こります(下図)

 まず、サービス化が向かうのは「CaaS(カー・アズ・ア・サービス)」です。これは、カーシェアリングやライドシェアリングなど、クルマ自体ではなく、移動に価値を置く交通サービスのことで、クルマの「所有」から「利用」へというパラダイムシフトを起こします。

 こうした交通サービスは、販売網が必要ないうえ、クルマのブランドよりもサービスブランドのほうが重要になるため、スタートアップがより参入しやすいのが特徴です。

 次に、自動化が向かうのは、運転をAIが代わりにやってくれる自律型自動運転の「SDC(セルフ・ドライビング・カー)」です。クルマが「自分で走らせるもの」から「自分のために走ってもらうもの」になるというパラダイムシフトを起こします。

 そして、これら2つの融合によって究極の自動運転、中央制御型の「DLC(ドライバーレス・カー)」が誕生することになります。サービス化されたCaaSにSDCのクルマが採用されるようになると、DLCの可能性が広がっていくことになるからです。

 DLCでは、どのようなサービスが想定されるかというと、DLCの事業者が中央制御によってクルマを利用者Aのところへ向かわせ、行きたいところへ運びます。そこには別の利用者Bが待っていて、次にBの行きたいところへ運びます。このように“神の見えざる手”のごとく、需給をマッチングさせる世界が実現するのです。

 ここまでくると、クルマはハードとしての価値が一気に小さくなってしまう。デザインや走りにこだわるクルマファンには味気ない話かもしれませんね。ただし、すべてがこうなるというのではなく、交通サービスのバリエーションの1つとして加わるだけで、主流にはならないと思います。DLCが普及するスピードに関しては、規制緩和など社会インフラの整備が影響してきます。

 DLCとSDCの最も大きな違いは、DLCでは運転免許がいらないことです。今、世界の人口は70億人で、うち免許を持っているのはおよそ10億人。あとの60億人は運転できないわけですから、DLCの潜在市場は非常に大きいといえるでしょう。さらに、高齢化や都市化が進むと、クルマを所有して乗ることの価値はどんどん減少し、その代わりにDLCへのニーズが高まる可能性が考えられます。