2003年9月号

削減された幹部研修費をいかに復活させるか

全社的にコスト削減が進められるなか

スーザン・バーネット

スーザン・バーネット

ヒューレット・パッカード 人材開発・組織効率担当 バイス・プレジデント

マイク・モリソン

マイク・モリソン

トヨタ・ユニバーシティ 学長

ノール M.ティシー

ノール M.ティシー

ミシガン大学 ビジネススクール 教授

デイビッド・オーウェンズ

デイビッド・オーウェンズ

ボシュロム企業内大学 CKO兼バイス・プレジデント

アイダレーネ F.ケスナー

アイダレーネ F.ケスナー

インディアナ大学 ケリー・スクール・オブ・ビジネス フランク P.ポポフ寄付講座教授

大幅な売上げの減少と、買収による3億ドルの借金を抱え厳しい状況にあるゼンダル・ファーマシューティカルは、CEOからの指示で次年度予算の大幅削減が求められている。そのなかで、新たな幹部研修に対する費用も大幅に削られてしまった。この事態に対し、担当者のカレン・バートンはいかに対応すべきか。

スーザン・バーネットヒューレット・パッカード 人材開発・組織効率担当 バイス・プレジデント

マイク・モリソントヨタ・ユニバーシティ 学長

ノール M.ティシーミシガン大学 ビジネススクール 教授

デイビッド・オーウェンズボシュロム企業内大学 CKO兼バイス・プレジデント

アイダレーネ F.ケスナーインディアナ大学 ケリー・スクール・オブ・ビジネス フランク P.ポポフ寄付講座教授

PDF論文:13ページ[約1,148KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない