2009年2月号

アメリカ史に学ぶリーダーシップ

時代を超える「普遍の教訓」とは何か

デイビッド・マカルー :歴史家

デイビッド・マカルー

歴史家

ピュリッツァー賞を二度受賞したアメリカの歴史家、デイビッド・マカルーは、ジョージ・ワシントン、ジョン・アダムズ、トーマス・ジェファーソンなど建国初期の大統領をはじめ、第二次大戦中のハリー・トルーマンなど、優れたリーダーたちを描いてきた。これら未曾有の国難に立ち向かったリーダーたちから、時代が移り変われども、いまなお学ぶべき教訓が多いことに気づかされる。どんなに厳しい時代にあっても、楽観主義、勤労、気概という、アメリカの昔ながらの価値観は変わらないというのが、彼の強い信念である。

デイビッド・マカルー歴史家

PDF論文:9ページ[約1,197KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない