2003年8月号

自社ブランドを確立するか サプライヤーに甘んじるか

コモディティ市場のパワーシフト

フランク E. ワイゼ3世

フランク E. ワイゼ3世

コット 会長兼社長兼CEO

ミッキー・パント

ミッキー・パント

リーボック・インターナショナル マーケティング最高責任者

スティーブン J.ホック

スティーブン J.ホック

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール ジョン J.ポメランツ寄付講座教授 兼マーケティング学部長

ジュディス・コースティエン

ジュディス・コースティエン

キュービクラム・コンサルタンシー 代表

マルセル・コースティエン

マルセル・コースティエン

INSEAD 教授

ダニエル B.ストーン

ダニエル B.ストーン

アルバート・カルバー 企業広報担当バイス・プレジデント

ローズ・パーティウエアはパーティ用品の大手メーカーである。何と同社は、業界初と思われる、ブランドの立ち上げを目論んでいた。一方、得意先の大手小売りがプライベート・ブランドを企画しており、ローズがブランドを立ち上げようという矢先、その生産を依頼してきた。残念ながら同社には、2つの事業を同時にやり遂げるほどの能力はない。CEOのトムはいかなる選択を下すべきだろうか。

フランク E. ワイゼ3世コット 会長兼社長兼CEO

ミッキー・パントリーボック・インターナショナル マーケティング最高責任者

スティーブン J.ホックペンシルバニア大学 ウォートン・スクール ジョン J.ポメランツ寄付講座教授 兼マーケティング学部長

ジュディス・コースティエンキュービクラム・コンサルタンシー 代表

マルセル・コースティエンINSEAD 教授

ダニエル B.ストーンアルバート・カルバー 企業広報担当バイス・プレジデント

PDF論文:13ページ[約1,135KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない