2003年4月号

コア人材の副業問題にいかに対処すべきか

解雇か、それとも黙認か

ビル・ジェンセン

ビル・ジェンセン

ジェンセン・グループ 創立者兼CEO

バリー・ルパトナー

バリー・ルパトナー

バリー B.ルパトナー・アンド・アソシエイツ 創立者

ジーン・キンメル

ジーン・キンメル

ウエストミシガン大学 経済学部 助教授

カレン・コンウェイ

カレン・コンウェイ

ニューハンプシャー大学 経済学部 助教授

サンドラ・デイビス

サンドラ・デイビス

ブロンウィン・フライヤー

ブロンウィン・フライヤー

ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

優秀なプログラマーであるジェレミー・ヒックスは、副業としてゲームのプログラミングを手伝っていた。ある日、偶然それを発見した上司のメラニーは、本業に専念し、副業をやめるよう警告した。メラニーは彼の解雇も辞さない構えだが、能力も高く、意欲的な従業員を失う損失は計り知れない。個人のリテンションと組織のルールのジレンマに直面しメラニーはいかにこの問題を解決すべきだろうか。

PDF論文:13ページ[約1,182KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない