2009年2月号

新任マネジャーの成功条件と失敗要因

経験と対人関係力がカギ

ジョン・J・ガバロ :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

ジョン・J・ガバロ

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

組織で働く者には、昇進や転職、既存事業の立て直し、新規事業の立ち上げなどにより、別の組織のマネジャーになる時が訪れる。ところが、みごと成功する人もいれば、なぜか失敗する人もいる。その成敗を分けるものは、必ずしも能力やスキルではないようだ。筆者が、一四人の新任マネジャーを長期間にわたって調査したところ、成功例でも失敗例でも、一様に五つのステップを経ていることが判明した。また、なぜ成功したのか、逆になぜ失敗したのか、その理由も明らかになった。そして、とりわけ決定的なのが、これまでの経験と対人関係力であるという。新任マネジャーが失敗しないように、上司は何をすべきかについても解説する。

ジョン・J・ガバロハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:21ページ[約2,901KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない