2009年3月号

コーチングの課題

ビジネス・コーチ一四〇人への調査結果から考える

ダイアン・クーツ

ダイアン・クーツ

HBR誌 シニア・エディター

キャロル・カウフマン

キャロル・カウフマン

ハーバード・メディカルスクール 助教授

コーチングは、いまや「Aクラス人材」のパフォーマンスを最大化するためのツールとなっているが、コーチングという領域はいまなお未成熟である。たとえば、費用対効果、コーチの質や職業倫理、その評価方法、コンサルタントや心理療法士との棲み分けなど、明らかにすべき点は多い。本稿では、一四〇人のビジネス・コーチへのアンケート調査、ならびに五人の専門家の意見を紹介しながら、コーチングの真の役割、コーチングを受ける側の注意点などについて考察する。

ダイアン・クーツHBR誌 シニア・エディター

キャロル・カウフマンハーバード・メディカルスクール 助教授

PDF論文:12ページ[約2,349KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない