2016年2月号

【インタビュー】「何を得るか」より「何を与えられるか」

納得感を生み出すリーダーシップ

畑中 好彦 :アステラス製薬 代表取締役社長CEO

畑中 好彦

アステラス製薬 代表取締役社長CEO

2005年4月に山之内製薬と藤沢薬品が合併して誕生したアステラス製薬は、合併から10周年を迎えた。同社は合併後に重点分野に据えた「がん」領域が成長を牽引し、提携や共同研究、外部からの導入など、社外との共創にも積極的に取り組んでいる。2011年から同社の代表取締役社長CEOを務める畑中好彦氏は、社内外を巻き込むためにどのようなリーダーシップを発揮してきたのか。リーダーのあり方について話を伺う。

畑中 好彦アステラス製薬 代表取締役社長CEO

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない