2009年3月号

STARSモデル:新任リーダーの成功原則

着任して九〇日以内に成果を出す

マイケル・D・ワトキンス :INSEAD 教授

マイケル・D・ワトキンス

INSEAD 教授

昇格や異動によって、新たな任務に就かなければならない場合、その新しい環境で、これまでのスキルや経験が必ずしも役に立つとは限らない。数百人のリーダーたちの観察から開発された「STARSモデル」は、新任マネジャーが一般的に直面する状況を五つに類型化し、それぞれの状況にふさわしいリーダーシップ・スタイルの選択、組織改革とセルフ・マネジメントの取り組み方を教えてくれる。特に、「再建」が必要な状況と「再編」が必要な状況を混同することが多いが、本稿では、再建に成功したマネジャーが再編に取り組んだ例を紹介する。

マイケル・D・ワトキンスINSEAD 教授

PDF論文:12ページ[約2,921KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない