2016年1月号

行動経済学でよりよい判断を誘導する法

意思決定のプロセスと過ちの原因を理解せよ

ジョン・ビシアーズ

ジョン・ビシアーズ

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

フランチェスカ・ジーノ

フランチェスカ・ジーノ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

CEOであれ、第一線の社員であれ、会社では誰もが間違いを犯す。この間違いを正すため、行動経済学の知見が役に立つ場合がある。本稿では、まずシステム1とシステム2という意思決定のモードに対する理解を深め、意思決定の問題の性質と原因を見極める。それが行動に由来する場合、行動経済の手法を使った意思決定を再設計する方法を解説する。さらにこの解決策を十分にテストすることも大切だと指摘している。

ジョン・ビシアーズハーバード・ビジネス・スクール 助教授

フランチェスカ・ジーノハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:14ページ[約2,815KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない