2016年1月号

直感に惑わされるな

「動機付けのあるバイアス」を克服する方法

ジャック B. ソル

ジャック B. ソル

デューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 准教授

キャサリン L. ミルクマン

キャサリン L. ミルクマン

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 助教授

ジョン W. ペイン

ジョン W. ペイン

デューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 教授

人は誰しも、バイアスという思い込みなどの影響を受けるものだ。バイアスはなぜ生じるのか。それは直感に頼りすぎている、または論理的思考が不完全である、あるいはその両方が同時に起きているからである。物事を正しく認知する手間を節約した結果、自分が納得できるストーリーを紡ぎ出し、根拠なき意思決定を下してしまう。本稿では、バイアスを排除してより的確に決断する方法を「将来」「目的」「選択肢」という3つのキーワードからひも解く。

ジャック B. ソルデューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 准教授

キャサリン L. ミルクマンペンシルバニア大学 ウォートンスクール 助教授

ジョン W. ペインデューク大学 フュークアスクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:12ページ[約2,138KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない